車の事故でもめた時には「弁護士特約」を利用しよう

車の事故って誰もがしようと思ってするものではありません。急に相手にぶつかられてしまったり、ブレーキが遅くなってしまって相手の車にぶつけてしまったりと、事故は急に起こってしまうもの。相手がいない単独事故もありますが、特に相手がいる事故も多いと言われています。


そんな中、相手との話し合いが上手くいかなくて暴言を吐かれたり、相手がなかなか動かなかったりする時だってあります。こちらからすれば、あまり相手ともめたくないですし、できればあっさりと解決したいですよね。そこでおすすめなのが、自動車任意保険の「弁護士特約」です。


この弁護士特約は、任意保険に加入している人誰もがつけている訳ではなく、契約時に希望した人のみがつけることができる特約です。ですが、家族の誰かが弁護士特約をつけている場合、家族全員で使うことができる少し変わった特約です。家族の保険内容を知っておくと良いでしょう。


この弁護士特約を使うとどうなるかと言うと、事故が起こった時に相手ともめた時、弁護士が介してくれるので自分に負担がかかることはありません。例えば事故によって怪我をしてしまったのに相手からの賠償金に納得できない場合、慰謝料の有無や金額に納得がいかない場合、最も多いのは過失割合に納得いかない場合ですね。

お互いに過失があった場合、お互いの保険会社が出てくるのは当たり前のことなのですが、保険会社によっては「ここまでしか出せません」、「そのお金は出せません」と強気に対抗してくる保険会社もいます。

とは言え、納得いかないこともありますよね。「納得いかないけれど、保険の専門知識がある保険会社を敵に戦える気がしない」、「納得いかないけれど、弁護士費用がかかるのはちょっと」そんな方を助けてくれるのが弁護士特約。

弁護士に依頼する料金を保険会社がサポートしてくれるので、実際に裁判になったとしても、弁護士を利用する際に自分で払わないといけないお金が発生しないことがほとんど。また、相談も無料でできますから事故をした時に納得いかないことがあれば安心して依頼できます。


事故をした時ってどうしてもパニックになってしまって「誰に頼れば良いの?」と思ってしまいがち。

ですが、まずは保険会社に相談し、それでも納得できない場合には弁護士を使うことだってできます。せっかく任意保険に加入するのであれば、お守り代わりとして弁護士特約もつけてみてはいかがでしょうか?

交通事故で車が全損

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です